出発前のご準備

お荷物

お荷物チェックリスト

ドレスコード

出発前のご準備

クルーズ旅行での服装

日中や寄港地での服装の一例

日中や寄港地での服装の一例

男性

ポロシャツ、セーター、スラックスなど

女性

ブラウス、スカートなど

日中や寄港地での服装の一例

夕方以降の服装(ドレスコード)について

クルーズでは服装マナーが大切です

飛鳥IIでは、お客様皆様にクルーズの雰囲気をより一層お楽しみいただくために、夕方以降(17時頃)の時間帯にドレスコードを設定しております。 夕方以降にパブリックスペース(営業箇所)へ出られる際には、ドレスコードにそった服装をお召しください。
ルールをお守りになって、クルーズライフをより華やかにお楽しみください。

ドレスコードとは

「ひとりひとりのお客様が、その夜にふさわしいおしゃれで船内の雰囲気を盛り上げる」という目的から生まれたルールで、「カジュアル」「インフォーマル」「フォーマル」の3つに分けられます。ドレスコードは事前にお送りする日程表と、当日の船内新聞『アスカデイリー』でご案内いたします。

カジュアル

カジュアル

男性

えり付きシャツ、スラックスなど

女性

ブラウス、スカートなど

※ドレスコードが「カジュアル」の場合でも、客室外でのTシャツ、短パン、作務衣、ジャージなどはご遠慮ください。

※「カジュアル」の日に限り、ジーンズ(デニム)を着用可能です。色落ちの激しいジーンズ(ストーンウォッシュ・ケミカルウォッシュなど)やダメージの激しいジーンズ(穴あき・ほつれなど)はご遠慮ください。

カジュアル

インフォーマル

インフォーマル

男性

スーツ、ジャケットなどの上着。ネクタイ(アスコットタイ、ループタイ等を含む)については着用をおすすめします。

女性

ワンピース、ツーピースなど

インフォーマル

フォーマル

フォーマル

男性

タキシード、ダークスーツなど

女性

イブニングドレス、カクテルドレス、ドレッシーなスーツなど

フォーマル

和装について

和装について  

和装のめやす 男性 女性
カジュアル 着流し・角帯・紬 小紋・紬
インフォーマル 羽織(必ず着用)
袴・白足袋
色無地・付け下げ
小紋
(柄の格調が高いもの)
フォーマル 紋付
羽織(必ず着用)
袴・白足袋
留袖・訪問着
付け下げ
(柄の格調が高いもの)
色無地

※ドレスコードが「カジュアル(ゆかた可)」の日は、ゆかたの他、甚平、兵児帯のご着用も可能です。和服の際のお履き物は下駄ではなく、底に金具のない草履や雪駄をおすすめします。アスカ アヴェダ サロン&スパでは有料にて着付けも承ります。
参考:日本フォーマル協会

※お食事中は、デッキディナーやデッキランチなどの陽射しのある屋外以外での着帽はご遠慮ください。
※オープンデッキ以外での水着の着用はご遠慮ください。
※航海中の船内は、船体動揺に加え突然の大きな揺れが発生する場合がございます。安全上、下駄・草履・サンダル(かかとが固定されないもの)は、終日ご遠慮ください。ただし、プールサイド往来時のビーチサンダルや停泊時(上陸時)のサンダル、和服の際のお履き物は除きます。かかとが固定されているサンダルは、終日(夕方以降は各ドレスコードに合ったデザイン)ご利用いただけます。
※各ドレスコードにそった民族衣装もお楽しみいただけます。

以下の場所は夕方(17時頃)以降もドレスコードに関係なくご利用いただけます。

<12デッキ> グランドスパ、フィットネスセンター、アスカ アヴェダ サロン&スパ
<11デッキ> リドグリル、コンピュータープラザ、シーホースプール、海彦
<6デッキ> お夜食時のビストロ ※海外ロングクルーズのみ
<5デッキ> お夜食時のフォーシーズン・ダイニングルーム
<各階のオープンデッキ・セルフサービスランドリー>