パーツテスト

タイトル01

タイトル02

タイトル03

タイトル04

タイトル05

タイトル06

タイトル07

タイトル08

タイトル09

むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。ある日、サルさんはかきのたねをひろいました。カニさんはおむすびをひろいました。サルさんは、カニさんのおむすびがおいしそうなので、カニさんにたのみました。「カニさんカニさん、ぼくのかきのたねをあげるから、そのおむすびとこうかんしておくれよ」
  • いいよ、こうかんしてあげるよ
  • やさしいカニさんは、おむすびをサルさんにあげて、かきのたねをもらいました。
  • カニさんは、かきのたねをうえると水をかけながらうたいました。
  • はやくめを出せかきのたね。出さぬとはさみでちょんぎるぞ
  • すると、みるみるめが出ました。
  • カニさんは、またうたいました。
  • はやくみよなれかきの木よ。ならぬとはさみでちょんぎるぞ
  • すると、あっというまにたくさんのみがなりました。
  • やあ、おいしそうなかきがたくさんなったぞ。
  • どれごちそうになろうか。
  • でも、ぼくは木にのぼれないしな。
  • どうしよう。
  • そうだ木のぼりのうまいサルさんにたのもう
  • サルさんサルさん、おいしそうなかきがたくさんなっている木をみつけたよ。
  • でも、ぼくは木にのぼれないから、サルさんとっておくれよ
  • いいよ、カニさん、たくさんとってあげるよ
  • サルさんは、カニさんにあんないされて、かきの木のところへいきました。
  • ほんとうだ。
さるかに合戦01

おいしそうなかきがたくさんなってるね。

ちょっとまっておくれ。

いま、のぼってとってあげるから

サルさんは、スルスルとかきの木にのぼっていきました。

そして、おいしそうなかきのみをとると、むしゃむしゃむしゃむしゃたべました。

うーん。

これはおいしいかきだあまいあまい、いくらでもたべられるぞ

さるかに合戦02

サルさんは、そういいながらいくつもいくつもじゅくしたかきをとってはたべとってはたべました。

さるかに合戦03

カニさんは、かきの木の下でまっていましたが、

いつまでたってもサルさんがかきのみをとってくれないのでまちくたびれてしまいました。

さるかに合戦04

おーい、サルさん、じぶんだけたべていないで、ぼくにもかきをとっておくれよ

するとサルさんは

さるかに合戦05

うるさいぞ、カニさん。

こんなおいしいかきをカニさんにあげるのはもったいない。

さるかに合戦06

ほらこれでもたべろ

そういうと、まだじゅくしていない青くてかたいかきのみをとっていくつもいくつもカニさんになげつけました。

さるかに合戦07

それで、カニさんは大けがをしてしまいました。

いえにかえったカニさんはうんうんうなってねていました。

さるかに合戦08

すると、そこへウスさんとクリさんと、ハチさんがおみまいにきました。

カニさんは、サルさんのしたことをみんなにはなしました。

さるかに合戦09

わるいサルさんだ、こらしめてやろう

そうだ、みんなでカニさんのかたきうちをしよう

さるかに合戦10

ウスさんと、クリさんとハチさんは、そういってそうだんしました。

げんきになったカニさんはまたサルさんのところへいきました。

さるかに合戦11

サルさん、サルさん、きょうはおいしいごちそうをつくったから、たべにおいでよ

カニさんをいじめたこともわすれサルさんはよろこんでカニさんのいえにいきました。

さるかに合戦 花咲かじいさん
むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。 むかし、あるところに、やさしいおじいさんがすんでいました。
ある日、サルさんはかきのたねをひろいました。 おじいさんは、ポチという犬をかっていました。
カニさんはおむすびをひろいました。 ある日、ポチがうらのはたけでワンワンなきました。
さるかに合戦 むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。
花咲かじいさん おじいさんは、ポチという犬をかっていました。
鶴の恩返し むかしあるところに、まずしいおじいさんとおばあさんがいました。
桃太郎 むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
さるかに合戦 花咲かじいさん 鶴の恩返し
むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。 むかし、あるところに、やさしいおじいさんがすんでいました。 むかしあるところに、まずしいおじいさんとおばあさんがいました。
ある日、サルさんはかきのたねをひろいました。 おじいさんは、ポチという犬をかっていました。 あるさむいゆきの日、おじいさんがまちへたきぎをうりに行ったかえりみち、わなにかかってくるしんでいるツルを見つけました。
カニさんはおむすびをひろいました。 ある日、ポチがうらのはたけでワンワンなきました。 おやおや、かわいそうに、さあさあ、はなしてあげる。これからは、きをつけるんだよ
さるかに合戦 花咲かじいさん 鶴の恩返し 桃太郎
むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。 むかし、あるところに、やさしいおじいさんがすんでいました。 むかしあるところに、まずしいおじいさんとおばあさんがいました。 むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
ある日、サルさんはかきのたねをひろいました。 おじいさんは、ポチという犬をかっていました。 あるさむいゆきの日、おじいさんがまちへたきぎをうりに行ったかえりみち、わなにかかってくるしんでいるツルを見つけました。 ある日、おばあさんが川にせんたくにいくと、かわかみから大きなモモが、どんぶらこっこどんぶらこっことながれてきました。
さるかに合戦
むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。 ある日、サルさんはかきのたねをひろいました。 カニさんはおむすびをひろいました。 サルさんは、カニさんのおむすびがおいしそうなので、カニさんにたのみました。

むかしむかし、カニさんとサルさんがすんでいました。

さるかに合戦

花咲かじいさん

鶴の恩返し

むかし話01

むかし話02

むかし話03

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP