文楽早わかりガイド

文楽ってなぁどんなものだい? 三位一体で紡がれる物語さ

日本に古くから伝わる人形浄瑠璃文楽。悲喜こもごもの様々な物語があります。舞台上で「太夫」「三味線」「人形」によって繰り広げられます。
太夫が登場人物の気持ちやストーリーを語りわけ、三味線は情感ある音色で場面を盛り上げます。一つの人形を三人の人形遣いが息を合わせて動かす様は、まるで生きているように感情豊かです。

太夫
語りは義太夫節とも呼ばれる独特の節回し。変幻自在に一人何役にもなり、情景や心情を表現、物語を展開していきます。
三味線
文楽では重厚な太棹三味線を使用。語りの伴奏楽器にとどまらず、太夫と同じく、人物の心の動きから季節感まで表現します。
人形
一体の人形を「三人遣い」で動かす技法で、指先まで〝人間らしさ〟を極めます。緻密なからくりが施され、表情もじつに豊かです。
いつ頃始まったんだい? 徳川様のころには始まってたねぇ

はじまりは江戸時代初期の大阪。語り物の音楽・浄瑠璃と人形劇が出会って生まれました。竹本義太夫の語り「義太夫節」と近松門左衛門の脚本で人気となります。
明治時代に興行師・四世植村文楽軒の一座「文楽座」が中心的存在となると、「文楽」が人形浄瑠璃の代名詞となり現代に至っています。

近松門左衛門
どんな話があるんだい? 人情もの、時代もの、いろんなお話しがあるよ

文楽の演目には大きく分けて三つのジャンルがあります。ひとつが「時代物」で、江戸時代以前の貴族や武家社会の長編ドラマ。源平合戦が多く描かれました。ふたつめが「世話物」。これは京都や大阪の出来事や事件を扱った庶民のドラマです。三つめの「景事」は舞踊劇で、複数の太夫、三味線による迫力ある演奏も聴きどころです。

前回上演した「日高川入相花王」
  • ※本サイトで使用している写真は2016年に開催した文楽クルーズのイメージが含まれます。乗船するゲスト、人形は異なる場合がございます。