秋の連休 新宮・四日市クルーズ

秋が深まる連休。錦秋の御在所岳や熊野・伊勢めぐり

横浜

異国情緒あふれる港町。いち早く開港された歴史が大きな魅力の横浜は、横浜中華街はもちろん、元町や山手の街並み、デートスポット山下公園、赤レンガ倉庫など見どころ豊富。横浜ランドマークタワーのある、みなとみらい21地区は、夜景の名所としても名高く、新しさと歴史の面影が融合する街。横浜港は飛鳥Ⅱの母港。

新宮

新宮市は、山と海に囲まれた自然豊かな街で、市内には、熊野三山の一つの熊野速玉大社や佐藤春夫記念館、徐福公園、新宮城跡、浮島の森などの名所旧跡が多く存在します。また、古く「熊野」と呼ばれるこの地域は、神々が鎮座する「熊野信仰の聖地」として古くから栄え、2004年には速玉・本宮・那智の三大社を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されております。
熊野速玉大社、熊野那智大社、那智大滝、大門坂、熊野本宮大社、潮岬、などが見所です。

四日市

四日市は東海道43番目の宿場町として、古くから京都や伊勢に向かう人々でにぎわいました。明治時代には四日市港の改築が進められ、港町としても発展しました。戦後になると、石油化学コンビナートの整備が進められ、産業都市として大きく成長しました。沿岸部に広がる工業地帯とは対照に、鈴鹿山脈の麓には生産量日本一を誇る「かぶせ茶」の茶畑をはじめ、緑豊かな景色が広がります。鈴鹿山脈の豊富な伏流水や鈴鹿おろしと呼ばれる乾燥した寒風を活か、酒造りや手延素麺づくりも行われています。他にも、土鍋や急須に代表される「萬古焼」、江戸時代からもてはやされた「日永うちわ」や「なが餅」など、多くの地場産品がありります。
御在所岳、伊勢神宮(内宮)、おはらい町・おかげ横丁、徳川美術館、犬山城などの見どころへ足を延ばせます。

横浜

異国情緒あふれる港町。いち早く開港された歴史が大きな魅力の横浜は、横浜中華街はもちろん、元町や山手の街並み、デートスポット山下公園、赤レンガ倉庫など見どころ豊富。横浜ランドマークタワーのある、みなとみらい21地区は、夜景の名所としても名高く、新しさと歴史の面影が融合する街。横浜港は飛鳥Ⅱの母港。

スケジュール

月日 スケジュール 入港 出港
11/20
(金)
横浜 17:00
11/21
(土)
新宮 9:00 17:00
11/22
(日)
四日市 8:00 17:00
11/23
(月)
横浜 9:00

コース

■秋の連休 新宮・四日市クルーズ
2020/11/20(金)横浜発〜2020/11/23(月)横浜着
3泊4日

クルーズの見どころ

飛鳥Ⅱでくつろぎながら実りあふれる秋の旅を

入港シーンを眺めながらの朝食や、寄港地での体験を語らいながらのディナーなど、時間に追われることなくくつろげるのはクルーズ最大の魅力です。連休を利用した行程で、クルーズが初めての方にもおすすめです。

飛鳥Ⅱでくつろぎながら実りあふれる秋の旅を

千年の歴史を感じる祈りの道 世界遺産・熊野古道へ
■新宮

熊野古道、熊野三山の熊野速玉大社、熊野本宮大社、熊野那智大社への玄関口。那智山青岸渡寺にそびえる朱の鮮やかな三重塔は那智の滝との調和美で知られています。

寄港地観光ツアー(一例):
 熊野那智大社半日観光 ほか

シャトルバス(予定):
 JR紀伊勝浦駅

千年の歴史を感じる祈りの道 世界遺産・熊野古道へ<br>■新宮

秋色の御在所岳を空中散歩 いい夫婦の日にお参りも
■四日市

鈴鹿山脈の主峰・御在所岳は紅葉を楽しめる時季。四日市からは伊勢神宮参詣や隣県の各所へも足を延ばせます。いい夫婦の日に二見浦の夫婦岩へのお出かけもおすすめです。

寄港地観光ツアー(一例):
 伊勢神宮内宮とおかげ横丁 ほか

シャトルバス(予定):
 近鉄四日市駅

秋色の御在所岳を空中散歩 いい夫婦の日にお参りも<br>■四日市

旅行代金(2名1室利用時 お一人様)

客室タイプK:ステートF:ステートE:バルコニーD:バルコニー/
D3:ディートリプル
C:スイートA:アスカスイート
(和洋室を含む)
S:ロイヤルスイート
旅行代金176,500211,500249,000255,500384,500491,500860,000

(単位/円)
※客室をお一人様でご利用の場合には、客室Kは150%、客室F,E,Dは130%、客室C,Aは160%、客室Sは200%の割増代金となります。お一人様でご利用いただける客室には限りがございます。相部屋は承っておりません。

■食事:朝3回、昼2回、夕3回
:寄港地観光ツアーは別料金・定員制です。

※天候その他の事情により航路が変更となる場合がございます。
※紅葉は、気象状況などにより色づきが異なったり、ご覧いただけない場合がございます。
※写真は全てイメージです。

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP