fbpx

当ホームページには「飛鳥Ⅱ 新型コロナウイルス感染症対策プラン」実施前の施設・サービス等の紹介および写真が含まれます。

金沢発 夏の北前航路 酒田・函館クルーズ

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、掲載のクルーズスケジュールやサービス等は、変更や中止となる場合がございます。

キャンペーン

バルコニー体験キャンペーン

バルコニー体験キャンペーン

D・Eバルコニーの旅行代金がお得。

おひとりD旅キャンペーン

おひとりD旅キャンペーン

Dバルコニーのお一人様割増代金がお得。

Cスイートトリプルキャンペーン

Cスイートトリプルキャンペーン

Cスイートを3名様でご利用の場合、3人目の旅行代金が通常Kステート相当額のところ、Kステートの半額でご乗船いただけます。
※一部客室を除く。

Sロイヤルスイート体験キャンペーン

Sロイヤルスイート体験キャンペーン

Sロイヤルスイートの旅行代金がお得。

金沢

日本三名園の一つである兼六園や武家屋敷といった観光名所が集積するほか、加賀宝生能に代表される伝統芸能や漆芸、金箔などの伝統工芸が今も脈々と受け継がれています。世界的に人気が高い金沢21世紀美術館といった新名所も続々と誕生し、伝統と革新が融合した街として注目を集めています。

酒田

庄内平野に広がる水田と鳥海山の景色が美しい酒田。明治に建てられた黒壁の米穀倉庫「山居倉庫」とケヤキ並木が作り出す風景は酒田を代表する景色です。
羽黒山、最上川船下り、銀山温泉などの見所があります。

函館

日本で最初の国際貿易港として門戸を開き、諸外国との交流の中で、その文化を吸収し、発展してきた函館。異国情緒ただよう街並みと、「函館山からの眺望」が最高ランクの三ツ星の評価を得たほか、多くの観光資源を有する街です。また、旅の楽しみのひとつである「食」についても、新鮮な魚介類に代表される季節ごとの味覚を存分にご堪能いただけます。
トラピスチヌ修道院、稜郭タワー、函館山ロープウェイ、大沼国定公園、きじひき高原などが見所です。
※写真は函館港

スケジュール

月日 スケジュール 入港 出港
7/28
(水)
金沢 17:00
7/29
(木)
酒田 9:00 17:00
7/30
(金)
函館 9:00

: 寄港地観光ツアーは別料金・定員制です。
■食事: 朝2回、昼1回、夕2回
■最少催行人員: 200名様 飛鳥Ⅱ旅客運送約款特約による
■添乗員: 同行しません。船内では係員がご案内します。
※天候、その他の事情により航路およびスケジュール、船内サービス・イベント等が変更もしくは中止となる場合がございます。
※写真は全てイメージです。

【本クルーズは7月26日出発「門司発 夏の北前航路 境港・金沢クルーズ」または7月30日出発「函館発 ぶらり夏旅 函館・横浜ウィークエンドクルーズ」と連続乗船いただけます。】

コース

■金沢発 夏の北前航路 酒田・函館クルーズ
2021/7/28(水)金沢発〜2021/7/30(金)函館着
2泊3日

クルーズの見どころ

貿易拠点として栄えた往時の面影残る港町
■酒田

江戸時代から北前船の往来で賑わった酒田では、山居倉庫周辺の散策や、足を延ばして最上川舟下りや東北最古の塔・羽黒山五重塔への観光もおすすめです。
: 羽黒山と山居倉庫 ほか

貿易拠点として栄えた往時の面影残る港町<br>■酒田

旅行代金(2名1室利用時 お一人様)

客室タイプK:ステートE:バルコニーD:バルコニーC:スイートA:アスカスイートW:和洋スイートS:ロイヤルスイート
旅行代金109,000130,500134,000228,000289,000314,000445,000

(単位/円)
● パンフレット記載の旅行代金は客室をお2人様でご利用の場合の、お1人様の代金です(原則として大人・子供同額)。
● 2歳未満の乳幼児はご乗船条件としております事前PCR検査に必要な唾液検体採取が困難なため、ご乗船いただけません。
● 客室をお一人様でご利用の場合には、客室Kは150%、客室Eは130%、客室Dは110%、客室C・A・Wは160%、客室Sは200%の割増代金となります。お一人様でご利用いただける客室には限りがございます。相部屋は承っておりません。
● スイート客室の3人利用
・ 客室Sはエキストラベッドを、客室W、A、Cは備え付けのソファベッドを使用することで3人利用が可能です(但し、1058、1059、1060、1061、1062、1063号室を除く)。
・ 3人目の旅行代金は、客室タイプ(S、W、A)は当該クルーズの客室K相当の旅行代金となります。客室Cは客室Kの半額の旅行代金となります。
● 国内クルーズの旅行代金は、消費税など諸税を含んでいます。


■2021年7月12日発~10月27日発の全クルーズ共通のご案内

● 飛鳥Ⅱの乗客数は最大872 名ですが、ソーシャルディスタンスの確保のため、当面の間、定員数を制限して申し込みを承ります。
● 7デッキの客室K、F、D3の販売は当面の間休止します。販売を再開する場合は飛鳥クルーズのホームページ等でお知らせします。
  ※ 船会社の都合により客室Kでお申し込みのお客様を一部7デッキの客室へご案内する場合もございます。
● 感染症拡大防止の観点から、当面の間、次のパターンではご乗船いただけません。
 ◦船会社指定のクルーズ以外を連続して乗船すること。
 ◦下船日から起算して14日以内に再度乗船すること。
● 天候や今後の感染状況、寄港地の受入れ状況、その他の事情によりスケジュールおよび船内サービス・イベント、寄港地観光ツアー等が変更もしくは中止となる場合がございます。
● 船内施設はご利用人数を制限してご案内します。また、一部の施設は営業を中止する場合がございます。
● 寄港地観光ツアー、ゲストエンターテイナーは予告なく変更される場合があります。
● 寄港地での感染症対策のため、寄港地観光ツアーはラインアップを絞ったシンプルな内容となります。
● 東京2020オリンピック・パラリンピック開催期間および前後は、交通規制等で宅配便サービスがご利用いただけない場合がございます。
● 写真は全てイメージです。一部改装前や感染症対策を行う前に撮影した写真が含まれます。
● 客室番号のご希望について: 以下の条件でご希望をお預かりします。ご希望の場合には事前にお申し出ください。ただし、客室番号は乗船券発券時に最終確定します。ご希望にそえない場合もございます。
 ◦客室S・W・A : 全てのクルーズにてフルクルーズ(全区間)をご予約の場合、ご希望をお預かりします。
 ◦客室C・D・E・K : 4泊以上のクルーズにて、フルクルーズ(全区間)をご予約の場合にご希望をお預かりします。
 ※客室Kに関しては、8デッキの右舷、左舷、エレベーター付近(前方、中央、後方)の組み合わせでのお預かりとなります。ボートとボートの間など、眺望に関するご希望や客室番号指定のリクエストはお受けできません。
● プレミアダイニング「ザ・ベール」でのご夕食はオープンシーティングを中止し、2回制でご案内します。
● ご夕食について1回目、2 回目のご希望がある場合にはお申し込みの旅行会社・販売店へお申し出ください。ご希望多数の場合は、客室S・W・A・C・D・E・K の順に、それぞれ飛鳥クルーズの累計宿泊数の多い方からご希望を優先して承ります。原則2 名席でのご利用となり、座席を指定してご案内します。ご同室以外の方と同席を希望される場合にはご乗船前にご希望をお預かりし、ご乗船後ご利用可否をお知らせします。1グループにつき2〜8名様となります。対応可能なテーブル数に限りがあるためご希望にそえない場合がございます。
● ショーなどをご覧いただく「ギャラクシーラウンジ」では当面の間、飲料の提供は中止とさせていただきます。
● 横浜港大さん橋国際客船ターミナル内にございます「アスカラウンジ」はご利用いただけません。
● 着岸予定の港であっても、天候その他の事情により、テンダーボートまたは地元ボート(以下「上陸用ボート」といいます)での上陸に変更となる場合があります。
● 上陸用ボートで上陸予定の寄港地は、天候によっては上陸できない場合もございます。また安全確保のため、車いすでの上陸用ボートへのご乗船はできませんので、あらかじめご了承ください。なお、乳幼児をお連れの場合、「だっこ紐」等をご使用になり、両手が自由な状態でご乗船ください。上陸用ボートでは専用のライフジャケットをご着用いただきます。
● 今後、クルーズの内容を変更または中止する場合は、飛鳥クルーズホームページ等にてお知らせします。
● 天候による運航中止やスケジュール変更をはじめとした船会社の旅客運送約款内「運航の中止・変更等」の規定による措置に伴う交通費や宿泊費、宅配便等の費用はお客様負担となります。
● ご予約の際には必ず「旅行条件書」・「ご予約時の注意事項とご案内」をご覧いただき同意いただいた上でお申し込みください。


■「飛鳥Ⅱ 新型コロナウイルス感染症対策プラン」

飛鳥Ⅱではお客様と乗組員の感染症予防ならびに船内衛生に万全を期するため、各種対策に取り組んでまいります。
ご予約の際には、必ず当感染症対策プランの全文をご確認の上、お申し込みください。
https://www.asukacruise.co.jp/coronavirus_information/
※ご乗船の皆様に対し、唾液検体による事前PCR検査を実施しています。検査結果が「高リスク」もしくは「再検査」と判断されたお客様はご乗船いただけません。

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP

TEL