お知らせ

Category:

クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018グランプリ(国土交通大臣賞)を受賞

画像のタイトル
飛鳥Ⅱで実施した『2018年世界一周クルーズ』が、一般社団法人日本外航客船協会主催による「クルーズ・オブ・ザ・イヤー 2018」の三度目のグランプリ及び初の「国土交通大臣賞」を受賞しました。

2018年12月13日に授賞式が行われ、日本外航客船協会 山口会長からグランプリ受賞記念の盾、塚田副大臣からは第1回 国土交通大臣賞の賞状が 弊社社長 坂本深へ授与されました。
今後もお客様にご満足いただける様々なクルーズを企画できるよう努めてまいります。

▼2018年12月13日授賞式の様子

受賞画像1

受賞画像2

■2018年世界一周クルーズ

2015年以来、北半球周遊型の世界一周として3年ぶりの再開。2018年3月25日に横浜を出発しアジア、スエズ運河、地中海・ヨーロッパ、大西洋、北米、パナマ運河、太平洋と北半球をめぐる102日間のクルーズ。
不安定な国際情勢や3年間の休止期間による市場ニーズの不確定要素を乗り越えて、700名超の一周乗船客の集客に成功した点や、政情不安な地域の寄港地選定において、関係各所からの情報を収集した上で、安全に運航した点も高く評価され、今回グランプリ(第一回国土交通大臣賞)に選出されました。

画像のタイトル

(注)クルーズ・オブ・ザ・イヤー
社団法人日本外航客船協会「クルーズ・オブ・ザ・イヤー実行委員会」が主催する、クルーズ業界の市場拡大を目的とした船旅の企画大賞。2018年で11回目を迎える。旅行業界の健全な発展に寄与したクルーズ旅行商品を対象とし、その中でも優秀賞は、高い集客実績を上げた商品や話題性の高いユニークな商品を提供した企業、自治体、団体、人物等に贈られます。

(注)国土交通大臣賞
昨年、日本人のクルーズ人口は32万人、訪日クルーズ旅客数は253万人といずれも過去最高を記録し、日本発着クルーズの更なる振興は、我が国におけるクルーズ旅行への親近感やクルーズ文化の醸成、さらには観光立国や地域振興の推進の観点から重要と位置づけられ、本年度より(一社)日本外航客船協会主催のクルーズ・オブ・ザ・イヤーのグランプリに、国土交通大臣賞が付与されることになりました。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP