お知らせ

Category:

2021年 世界一周クルーズ発表!

2021世界一周クルーズ

「2021年世界一周クルーズ」は、2021年3月29日に横浜、3月30日に神戸を出航し、アジア、スエズ運河、地中海・西欧・北欧、大西洋を渡り北米東海岸、カリブ海、南米、パナマ運河、中米、北米西海岸、太平洋を経て、7月13日に横浜、7月14日に神戸に帰港する横浜発着、神戸発着各107日間の日程です。

飛鳥クルーズ30周年記念クルーズである今回は、30周年にちなんで30の寄港地を訪れ、30の世界遺産(注)をお楽しみいただける航路です。全20か国30の寄港地のうち、初寄港はアカバ(ヨルダン)、バーリ(イタリア)、ジェノバ(イタリア)、オスロ(ノルウェー)、コペンハーゲン(デンマーク)、チャールストン(アメリカ)、ロングビーチ/ロサンゼルス(アメリカ)の7港、停泊する港はアカバ(ヨルダン)、ジェノバ(イタリア)、リスボン(ポルトガル)、ルーアン(フランス)、ティルベリー/ロンドン(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)、ホノルル(アメリカ)の7港です。

(注)世界遺産の数は、寄港地にて寄港地観光ツアー(定員制・別料金)に参加し訪問した場合を想定しています。

ぺトラ遺跡(アカバ)

ぺトラ遺跡(アカバ)

アルベロベッロ(バーリ)

アルベロベッロ(バーリ)

リスボン

リスボン

クルーズ特典として、ルーアンからはご乗船の皆様をヴェルサイユ宮殿「戦闘の回廊」特別ディナーにご案内します。華麗なる宮殿にて飛鳥クルーズ就航30周年を祝うパーティーを開催いたします。また、ジェノバではミラノを訪れてのレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」夜間特別貸切鑑賞や、ニューヨークではメトロポリタン美術館一般開館前特別入場など、世界一周クルーズをよりご堪能いただける寄港地観光ツアー(定員制・別料金)をご用意しています。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿
Photo (C) RMN-Grand Palais (Chateau de Versailles) / Gerard Blot / distributed by AMF

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」

船内生活でも30周年のアニバーサリーイヤーにふさわしい美食やショーをお楽しみいただけます。ゲストシェフとして「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフが乗船。また、30周年を祝うべく飛鳥Ⅱ総料理長が工夫を凝らしたアニバーサリーディナーも登場します。ゲストエンターテイナーとして、世界の歌姫と名高いオペラ歌手・中丸三千繪さんが乗船するほか、日本をはじめ各国の実力派エンターテイナーによるステージや、知的好奇心を刺激する講座などを開催し、30年の歴史のなかで培ってきた飛鳥クルーズのおもてなしをご体感いただけるクルーズです。

旅行代金は、「ワールド特別割引」「早期全額支払割引」「早期申込割引」と早めのご予約がお得な割引プランを設定しています(期日・条件あり)

■販売開始:2020年3月26日(木)


■パンフレットのご請求

パンフレットはお近くの旅行会社または郵船クルーズ クルーズデスクへご請求ください。

「2021年世界一周クルーズ」のデジタルパンフレットはこちらからダウンロードしてご覧いただけます。

パンフレット ダウンロード



伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP