当ホームページには、「飛鳥Ⅱ 新型コロナウイルス感染症対策プラン」を実施以前の施設・サービス等の紹介および写真が含まれます。

また、実際のサービス内容とは異なる場合がございます。「飛鳥Ⅱ 新型コロナウイルス感染症対策プラン」につきましてはこちらをご参照ください。

お知らせ

Category: / 

飛鳥Ⅱ 新型コロナウイルス感染症対応訓練の実施について
~「安全・安心」なクルーズを目指して~

飛鳥Ⅱは、2020年10月21日(水)新型コロナウイルス感染症対応訓練を、(一財)日本海事協会、横浜市、神戸市及び日本郵船株式会社と共同で実施いたしました。

訓練は、「横浜・神戸トライアルクルーズ(10月19日発 横浜発着2泊3日、乗客約150名で実施)」中の乗船客に体調不良者が発生し、船内での検査の結果、陽性と判明した事を想定し行いました。
飛鳥Ⅱからの感染者発生の第一報と同時に、本社内に対策本部を立ち上げ、乗船客の安全を最優先に下船港である横浜港と連携し対応にあたりました。

訓練は、「飛鳥Ⅱ新型コロナウイルス感染症対策プラン」を基に作成された、マニュアルに則り行われ、感染者及び濃厚接触の疑いがある方の隔離、それ以外のお客様の客室待機依頼及び誘導、各施設の消毒によるグリーンゾーンの確立、イエローゾーンの設置、隔離エリアの陰圧化に加え、客室待機中の乗船客へ昼食を弁当形式でお届けするオペレーションも行いました。

横浜港・大さん橋ふ頭及び、前日10月20日神戸港・ポートターミナル着岸後は、感染者の搬送手順を横浜市及び神戸市とともに確認しながら実施いたしました。

今回の訓練では、クルーズ再開にあたり感染者発生時の船内でのオペレーション確立の他、当局や自治体をはじめとする関係機関との連携の重要性を確認いたしました。

今後も感染症を含めた事故対応訓練を積極的に実施し、安全で安心なクルーズ運航を目指していく所存です。

(写真左より)医師の往診、調理場の消毒作業、廊下の消毒作業

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP

TEL