fbpx

当ホームページには「飛鳥Ⅱ 新型コロナウイルス感染症対策プラン」実施前の施設・サービス等の紹介および写真が含まれます。

お知らせ

Category: / 

【重要なお知らせ】新型コロナウイルス陽性者の乗船に伴う「ゴールデンウィーク 青森・北海道クルーズ」中止について

当社運航の客船「飛鳥II」による4月29日出発「ゴールデンウィーク 青森・北海道クルーズ」におきまして、4月30日に新型コロナウイルス陽性者の乗船が確認されたことにより、(一社)日本外航客船協会から公表された「外航クルーズ船事業者の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(国土交通省監修)」を基に策定した「飛鳥II 新型コロナウイルス感染症対策プラン」(以下、「対策プラン」)に則り、クルーズを途中で中止することとなりました。
ご乗船のお客様及びそのご家族の皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
また関係者の皆様、多くの皆様にも多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしました。

今回クルーズの中止を判断するに至った経緯につきまして、以下の通りご説明させていただきます。
当社では、「対策プラン」に則った乗船前のPCR検査に加え、今回はクルーズ日数及び感染状況等を考慮し、乗船前のPCR検査以降ご乗船日当日までの感染有無を早期に発見することを目的に、自主的に乗船受付時の検体採取によるPCR検査を実施いたしました。その結果、乗船前のPCR検査では陰性が確認されていたお客様1名が、4月29日乗船当日に採取した検体の検査結果が出た4月30日午後に陽性であることが判明いたしました。この陽性の判定を受け、当社では、「対策プラン」に則って中止を決定した次第です。

なお、今般のケースでは、陽性が確認されたお客様におかれましては同室者以外に濃厚接触がなかったことは、船内各施設で取得したお客様の行動記録と、管轄保健所による陽性が確認されたお客様へのインタビューの両方により確認されました。

現行「対策プラン」は、第一にウイルスを持ち込まないこと、第二に持ち込まれたとしても拡散させないことの2本柱で成り立っており、船内では、飲食施設でのテーブル間の距離の確保、パーティションの設置、濃厚接触をうまない仕組みづくりとしてご同室・ご同行者同士以外はマスクを外す場面では同席不可、各施設での検温、お客様の行動記録の取得、船内PCR検査室設置、乗組員職種による居室エリア分け、緊急時消毒体制確立などの感染防止対策も講じております。

今後につきましては、お客様により安心してご乗船いただけるよう、また乗下船港並びに寄港地の皆様に安心していただけますよう、対策強化を早急に検討していく所存でございます。

2021年5月3日
郵船クルーズ株式会社
代表取締役社長
坂本 深

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP

TEL