フォトエッセイ

Cruise:2010年世界一周クルーズ(107)

「香港」

緯度:N 22度 18分

経度:E 114度 10分

天気:晴れ

気温:19.0度

速度:0ノット


海域:南シナ海

寄港地:香港

香港名物の夜景は、世界三大夜景に数えられるという。ガイドの朱さんがそういう。確かに、香港の夜景は見事だ。もうひとつの名物に、高い湿度があるという。霧の濃いときは、雨でないのに車のフロントガラスが曇って、ワイパーが必要になるという。
3つ目は、買い物である。ブランドの店、ブランドではないが買い物心をそそる店が立ち並ぶ。こんなに店が多くて成り立つのかしらと、お節介な心配をしてしまう。飛鳥の皆さん、午前中はバスツアー、午後は買い物と、時間を有効に使っておられる。そのお土産を沢山積んで、飛鳥IIはシンガポールに向けて香港を出港した。

著者紹介

小泉 澄夫

1934年生まれ。写真家、日本写真芸術学会会員、世界遺産フォーラム主宰。
「日本人の心」をテーマに風景写真を30年以上撮り続けている。ここ15年は、ヨーロッパ・北米大陸・中国を中心に世界各地の世界遺産の写真撮影や、講演活動、執筆活動を行っている。本フォトエッセイの連載は「2008年オセアニア・グランド・クルーズ」以来の2回目となる。

■著書
「世界遺産ビジュアルハンドブック」

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP