フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

一路、南へ

緯度:N 34度 29分

経度:E 135度 6分

天気:曇り

気温:6.0度

速度:15.8ノット


海域:-

寄港地:神戸

飛鳥IIは朝日を背に受けながら紀伊半島を回り込み、友ヶ島水道から大阪湾へと進んで午後2時に神戸港へ入港しました。きのうとは打って変わって晴れ間も覗くまずまずの天気。神戸からご乗船のお客さまを迎えて、船内はだいぶ賑やかに、クルーズらしい雰囲気になってきました。
夜には今クルーズがデビューとなる小久江尚キャプテンらが、航海の安全と楽しい旅路を願って盛大に鏡開き。リピーターの方々でしょう、船内には久しぶりの再会を果たした笑顔も多くありました。
外は風が強くて寒かったですね。けれども何と我々にとっての冬は今日でおしまい。飛鳥IIはこれから真夏の南半球へと向かうのです。次の寄港地サイパンまでの所要は4日。数日後には早くも半袖シャツの陽気になるはずです。それでは日本の皆さん、行ってきます!!

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP