フォトエッセイ

Cruise:2010年世界一周クルーズ(107)

「松本弥氏による講演‘謎は尽きないエジプト’」

緯度:N 5度 47分

経度:E 85度 31分

天気:晴れ

気温:32度

速度:17.5ノット


海域:インド洋

寄港地:航海中

エジプト学の権威、松本弥氏による講演「謎は尽きないエジプト・その壮大なる文化の歩み」があった。松本氏はエジプト学、とりわけヒエログリフが専門分野で、文字から解くエジプト文明といったテーマであった。
堅い演題にもかかわらず、満員300人ほどの皆さんが静聴した。文字そのものは、メソポタミア文明との交流によるとされるが、サハラ地方には1万年ほど前からの岩絵が沢山あり、いまだに解明されない謎が多いとのこと。
難しいテーマでもすすんで取り組むのが飛鳥IIの皆さん流といえようか。盛大な拍手があった。

著者紹介

小泉 澄夫

1934年生まれ。写真家、日本写真芸術学会会員、世界遺産フォーラム主宰。
「日本人の心」をテーマに風景写真を30年以上撮り続けている。ここ15年は、ヨーロッパ・北米大陸・中国を中心に世界各地の世界遺産の写真撮影や、講演活動、執筆活動を行っている。本フォトエッセイの連載は「2008年オセアニア・グランド・クルーズ」以来の2回目となる。

■著書
「世界遺産ビジュアルハンドブック」

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP