フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

デッキにて

緯度:N 2度 27分

経度:E 145度 42分

天気:曇り

気温:29.0度

速度:17.0ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

赤道付近の見渡す限りの海の上。気持ちがいいのは、やはり潮風が頬を撫でるオープンデッキ上だと思います。筆者の1日はそんな11デッキ・リドカフェ後方の屋外席で味わう朝ご飯から始まりました。船内新聞『アスカデイリー』に目をやると、きょうも午前中から各所でたくさんの催しが行われているようです。
朝9時からは英語教室やトールペイント教室、10時からはシーホースプールでの水泳教室、10時45分からは7デッキの船尾集合で「デッキを歩こう会」なんていうものもありました。1周すると約440メートルとなる飛鳥IIの7デッキ、歩くだけでもけっこう運動になるんです。
クルーズスタッフと一緒に準備体操をして、真っ青な海を見ながらウォーキング。ほんとうに晴れ晴れとした気分になれますよね。ちなみに夕方遅くに飛鳥IIは赤道を越えて、いよいよ南半球に入っています。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP