フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

ニュージーランドで牧場体験

緯度:S 36度 50分

経度:E 174度 46分

天気:曇り

気温:22.0度

速度:0ノット


海域:-

寄港地:オークランド

水先案内人を午前7時半に迎えた飛鳥IIは、入り組んだ地形の間を縫うようにしてオークランドの港へ向かいました。岬を右に回り込むと、スカイタワーのそびえる近代的な街並みと、我々の仲間と言うべき同じ日本郵船系列の客船、クリスタル・セレニティが接岸しているのが見えました。
午前中には同船の船内見学を開催。施設の多くが同じ名で、例えばラウンジ「パームコート」はあちらの船にも存在します。あちらのパームコートから我が飛鳥IIを見渡すのも、なんだか不思議な気分です。
さて、午後は「牧場体験とスカイタワー」のツアーに参加。起伏に富んだ田園風景を眺めつつ、牧場まで行ってきました。牧羊犬がヒツジの群れを集めるところやユーモアを交えた毛刈りの実演などを見学し、農業大国ニュージーランドにふさわしい自然と心の豊かさを、思う存分堪能しました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP