フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

2月24日 A(1日目)クルーズ特典観光

緯度:S 21度 8分

経度:W 175度 11分

天気:曇り

気温:29.0度

速度:0ノット


海域:-

寄港地:ヌクアロファ

飛鳥IIは今朝、珊瑚礁の隙間を縫うようにしてトンガ王国のヌクアロファに入港しました。近くの桟橋にはイギリスの客船・クイーンエリザベスがひと足先に接岸していて、南の島のクルーズにふさわしい入港風景となりました。街は2隻の客船からのお客様で賑わい、陽気なトンガの人たちもいっそう明るく見えました。
ここではクルーズ特典の招待ツアー「ヌクアロファ島内観光」にたくさんのお客様が参加されました。色も形もさまざまな地元のバスに分乗し、キャプテンクックの上陸した入り江、鳥居のような不思議な遺跡・ハァモンガの三石塔、ホウマの潮吹き穴などを巡り、王宮や教会などを車窓から眺めました。
フレンドリーなトンガの人々は写真に撮られるのが大好き。筆者も街に出て、道端で出会った何人もの人たちと会話を交わし、笑顔をカメラに収めました。皆様もきっと素敵な写真をたくさん撮られたことでしょう。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP