フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

デッキの上でウクレレ作り

緯度:S 4度 10分

経度:W 155度 35分

天気:晴れ

気温:29.0度

速度:18.3ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

きょうは再びの「影がなくなる日」。お昼時の12時34分頃、太陽が飛鳥IIのほぼ真上に来ました。太陽は1年をかけて北回帰線から南回帰線までの間を行き来するわけですから、これは北回帰線のさらに北にある日本では体験できない現象です。今航2度目のこの機会を、皆さんデッキで楽しんでいました。
そのあと午後1時30分からプールデッキの片隅で開催されたのが、ハワイから来たガイ・ササキ先生の「ウクレレ作り教室」です。ガイ先生が組み立ててくれた白木のウクレレを、紙ヤスリとスチールウールで丁寧に磨いて、ウッドフィラーというペーストを擦り込んで木目を埋めてゆきます。
あっと言う間に美しい木目が浮き上がると、どなたも満面の笑み。きょうから4日連続の教室で、オイルを塗って弦を張り、完成させます。あとでウクレレ発表会で演奏もするそうですから、今から楽しみです。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP