フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

全員集合、いよいよ日本一周へ

緯度:N 35度 7分

経度:E 139度 45分

天気:通り雨

気温:19.5度

速度:16.6ノット


海域:太平洋

寄港地:横浜

フォトエッセイ0608-1

昨夕の早めの出航が功を奏してか、朝目覚めてカーテンをあけたら外の海はほぼ凪でした。飛鳥IIは朝ごはんの頃に伊豆大島の南に差しかかり、お昼過ぎには浦賀水道航路へと入りました。貨物船やタンカーや小さな漁船、東京湾を横断するフェリーが行き交う中を北上し、午後1時半には横浜港の港外へ。

ベイブリッジが見えてくるのと同時だったでしょうか、ちょうどいい具合に青空が雲間を割るようにして広がり始め、屋外デッキには日差しも降り注ぐようになりました。タグボートの力を借りつつ大さん橋の前で180度転回。定刻通りの午後3時、舳先を港外へ向けた「出船」で着岸しました。

横浜から乗船される東日本のお客様をお迎えし、これでひとまず全員集合です。夕方の天気はドラマチックに変わります。向かいの赤レンガ倉庫前から見ていると、夕日に照らされた橙色の雲が風に乗ってぐんぐん移動するのが分かります。飛鳥IIは夜の帳がおりた午後10時50分、汽笛を鳴らし、石巻に向けて出航しました。

フォトエッセイ0608-2

フォトエッセイ0608-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP