フォトエッセイ

Cruise:2010年世界一周クルーズ(107)

「三遊亭金時師匠氏・落語」

緯度:N 31度 20分

経度:W 52度 55分

天気:くもり

気温:20.5度

速度:14.4ノット


海域:北大西洋

寄港地:航海中

三遊亭金時師匠の落語は、満席の盛況であった。師匠は、登場人物の履歴を、それなりにノートして、練り上げるという。だからこそ、皆さん、納得がいけて、笑いこげてしまう。
前回は「柳田格之進」という、小判の行方不明にまつわる人情話。
今回は「二番煎じ」という、冬の夜回りの番小屋における滑稽譚。しんみりと、そのあとは哄笑、順序がよい。

著者紹介

小泉 澄夫

1934年生まれ。写真家、日本写真芸術学会会員、世界遺産フォーラム主宰。
「日本人の心」をテーマに風景写真を30年以上撮り続けている。ここ15年は、ヨーロッパ・北米大陸・中国を中心に世界各地の世界遺産の写真撮影や、講演活動、執筆活動を行っている。本フォトエッセイの連載は「2008年オセアニア・グランド・クルーズ」以来の2回目となる。

■著書
「世界遺産ビジュアルハンドブック」

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP