フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

船上の創作意欲

緯度:N 24度 11分

経度:W 171度 53分

天気:曇り

気温:18.5度

速度:18.3ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

ロングクルーズ初心者の方からよく聞かれる質問は「退屈しないのか」ですが、実は終日航海が続く時こそ却ってゆっくりと自分の時間を持てるものです。日頃の雑事をすべて陸地に置いてきた今こそ取り組める趣味のひとつが、たとえばこの、東京藝術大学非常勤講師・藤原彩人先生の「テラコッタ教室」だろうと思います。
この日は3回完結「本焼きコース」の第2回。粘土でカタチを作った前回に続き、今回は素焼きされた作品をヤスリがけして下絵の具で彩色します。薄めに溶かれた絵の具を筆で表面に置くと、すーっと吸い込まれてゆくのも焼き物ならではの感覚。彩色は自分のイメージがいっそう具体化してゆく楽しい工程です。
最後に先生が石灰透明釉にドブ漬けしてくれて、これが焼かれてガラス質に変わります。16日の最終回には、皆さんの素敵な作品がテーブル上に並ぶことでしょう。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP