フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

クルーズ特典の旭山動物園見学ツアー

緯度:N 43度 58分

経度:E 141度 38分

天気:曇り

気温:18.0度

速度:9.6ノット


海域:日本海

寄港地:留萌

フォトエッセイ0619-01

景色に霞のかかる朝7時過ぎ、飛鳥IIは定刻通りの8時に右舷付けで着岸しました。きょうのハイライトはクルーズ特典ツアーの「旭山動物園見学」。筆者も多くのお客様とご一緒し、動物たちの生き生きとした姿が見られる「行動展示」で話題の日本最北の動物園を目指しました。

「ぺんぎん館」の水中トンネルでは有名なキャッチフレーズそのままにペンギンが空を飛び、「あざらし館」では愛嬌あるアザラシが円筒形の水槽を行き来しています。どの展示も創意に満ちていて見せ場があるだけに、思わず童心に返って歓声を上げてしまった方もたくさんいらしたのではないでしょうか。

特典ツアーには昼食もついていて、近隣で穫れた野菜や地の魚を用いた上品で美味しい「北海道ガーデン街道ランチ」を市内のホテルで味わいました。留萌港から旭川までの往復の車窓も素晴らしく、見渡す限り水田が続く広い平野や石狩川、大雪山連峰などを望みながらの楽しい旅路となりました。

フォトエッセイ0619-02

フォトエッセイ0619-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP