フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

雨を思い出にする方法

緯度:N 39度 45分

経度:E 140度 3分

天気:

気温:23.5度

速度:13.4ノット


海域:日本海

寄港地:秋田

フォトエッセイ0621-01

日本一周グランドクルーズが始まってすでに半月経ちますが、飛鳥IIはここまでずっと穏やかな航海を続けています。今朝8時に秋田港に接岸してから徐々に風が強くなり天気が下り坂になったのが、本航で初めての悪天候かもしれません。ひと月以上にわたるクルーズですから、まあ、時にはそんな日もあるでしょう。

筆者は午後からの「入道崎と寒風山回転展望台」ツアーに参加。ご覧の天気ではあったものの、バスガイドさんのトークが秀逸で終始楽しませてくれました。寒風山への上り坂に差しかかると道路に小さな野うさぎが。いつまでもピョンピョンと進行方向へ跳ねてゆき、バスは見守るようにのろのろ運転。お客様はもちろん大歓声。

視界ゼロだった寒風山も登る頃には霧が晴れ、男鹿半島や八郎潟の残存湖を見渡せました。ガイドさんは帰途の車内で地元名物・納豆煎餅を配ってくれて、「ウサギと納豆煎餅とわたくしユウコのガイド。どう? 雨でもえがった(よかった)っしょ」。その問いかけに皆さん思わず拍手喝采。雨でも楽しいバス旅行となりました。

フォトエッセイ0621-02

フォトエッセイ0621-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP