フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

洋上の日々

緯度:N 26度 40分

経度:W 178度 55分

天気:曇り

気温:20.0度

速度:17.1ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

昨夕いくらか高かった波も収まって、朝の船上には穏やかな終日航海日の空気が漂っていました。きょうも各種教室が目白押し。窓外も相変わらず見渡す限りの大海原。非日常が日常に変わる瞬間とでも言いましょうか、こんな日が「普通の日」だと感じる時こそ、船旅っていいなあと改めて思います。
昼にリドガーデンに赴くと、フレンチの鉄人・坂井宏行シェフがお客様の前で「ホタテの春巻き シャンピニオンソース」を作っていました。シェフ特製メニューはグリーンアスパラの冷製スープと合わせて2品。ほかにもリドカフェには3月13日の「サンドイッチの日」にちなんだ数々のサンドイッチが……。
美味しいランチを味わったあと、写真教室講師でもある筆者は、第7回・最終回となる写真教室をハリウッドシアターで催しました。このクルーズもいよいよ終盤だなあと実感しているところです。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP