フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

日本の原風景を訪ねて合掌造り集落へ

緯度:N 36度 37分

経度:E 136度 37分

天気:晴れ

気温:25.0度

速度:11.9ノット


海域:日本海

寄港地:金沢

フォトエッセイ0626-01

大海原をゆくクルーズではありますが、寄港地での楽しみは決して海だけではありません。……という話を象徴するツアーのひとつが、きょうの寄港地・金沢から行く「白川郷と五箇山を訪ねて」でしょう。日本の原風景ともいえるこれら世界遺産の集落までは金沢港からバスで1時間程度。山あいでも、らくらく日帰り圏内です。

高速道路を経由して五箇山の相倉合掌造り集落を訪れ、続いて白川郷の荻町合掌造り集落へ(写真上)。ご覧の絶景を見渡す高台の食事処で飛騨名物・朴葉味噌などの和食ランチを楽しんだ後に集落に下り、田んぼの中に点在する114棟もの合掌造り家屋の間を歩きました。自由行動もおよそ1時間半と時間たっぷり。

本堂までが茅葺きという珍しいお寺・明善寺、合掌造りの長瀬家や神田家、国重要文化財の和田家(写真上、左手前の建物)などへと、皆さん思い思いに歩いていました。清冽な沢水が流れる用水路で鳴く蛙をお客様が見つけたり(同右下)、自然豊かで草木の匂いも心地よい里山を存分に楽しむことができました。

フォトエッセイ0626-02

フォトエッセイ0626-02

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP