フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

故郷の調べ

緯度:N 31度 26分

経度:E 165度 48分

天気:晴れ

気温:17.0度

速度:17.4ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

ここ数日でオープンデッキがすっかり肌寒くなり、いよいよ日本に近づいてきたことを感じます。下船のための梱包用段ボールも販売され、船内には「南太平洋グランドクルーズ」総仕上げの空気が漂い始めました。
とはいえイベントは相変わらず早朝のラジオ体操からストレッチやズンバ、社交ダンスといった各教室、つのだ☆ひろの歌って元気になる教室など、船内新聞の一覧表を埋め尽くすほど。晩のギャラクシーラウンジで催された福居一大・ぐるーぷの「心に響く和の音色コンサート」も実に圧巻でした。
『蘇州夜曲』『江差馬子唄』、そして『秋田荷方節』飛鳥バージョンなど、叙情とキレとリズムに満ちた多彩な演目に大盛り上がり。異例の「アンコールのアンコール」まで飛び出して、最後は福居さんの独奏『津軽じょんがら節』の早弾き。満席の会場から惜しみない拍手が送られていました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP