フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

南へ向かう船の景色は青一色

緯度:N 28度 7分

経度:E 127度 19分

天気:晴れ

気温:30.5度

速度:11.7ノット


海域:日本海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ0701-01

佐世保を出航した飛鳥IIは中2日の航海で台湾の澎湖(ポンフー)を目指しています。きょうはその終日航海日の1日目。船首付近に何羽ものカツオドリを従えて、午前中は奄美大島の西の沖合を走り続けました。曇り時々雨の予報に反して空は終始青空で、白雲がもくもくと湧く夏らしい海景を望んでいます。

各港間の距離が短かったこれまでと打って変わっての長距離だけに、速力は割合速く、概ね18ノット(約33km/h)ほど出ています。カツオドリは時折口を開けたり必死に羽ばたいたり、何とか飛鳥IIについて行こうとしているようにも見えて、ちょっと笑ってしまいました。台湾まで一緒に行くつもりなのでしょうか。

午後はシーホースプールで泳いだり日光浴をするお客様、パドルテニスの時間(写真左下)を楽しむ方、あるいは6デッキ船尾でゴルフレッスンを受ける方など、屋外デッキにも多くの方々がいらっしゃいました。何しろこの青空と青い海。満喫せねばですね。クルーズの醍醐味を存分に味わえる、きょう7月1日の船上でした。

フォトエッセイ0701-02

フォトエッセイ0701-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP