フォトエッセイ

Cruise:2017年日本一周グランドクルーズ(36)

奄美大島のマングローブでカヌー体験

緯度:N 28度 24分

経度:E 129度 30分

天気:晴れ

気温:31.0度

速度:11.7ノット


海域:東シナ海

寄港地:名瀬

フォトエッセイ0708-01

飛鳥IIは今朝7時ごろに奄美大島・名瀬港港外でくるりと一度円を描いて、8時を少し過ぎたところで着岸しました。この「2017年 日本一周グランドクルーズ」神戸下船の方には最後の寄港地となる奄美大島では、筆者は島の自然を体感すべく「マングローブカヌー体験」ツアーに参加してみました。

日本で2番目に大きなマングローブの原生林を高台から見渡して、リュウキュウアユなどここに生息する貴重な生き物たちを簡単なビデオで学んだあとは、さっそくカヌーに挑戦です。筆者を含めほとんどのお客様がカヌー初体験とあって最初はおっかなびっくり。けれども思った以上に安定性があり、次第にコツが掴めてきます。

森を縫って川を下り、干潟に上陸。大半を占める植物だというオヒルギとメヒルギを見たり、ヒメシオマネキというカニが足許にたくさんいるのに驚いたり。湿気と日差しとパドルを漕ぐので汗だくながら、お顔はどなたも実に晴れやか。岸に上がって休憩所でアイスクリームを食べながら「本当に楽しかったねえ」と談笑しました。

フォトエッセイ0708-02

フォトエッセイ0708-03

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP