フォトエッセイ

Cruise:2015年南太平洋グランドクルーズ(50)

新たな時代へ

緯度:N 34度 4分

経度:E 150度 45分

天気:曇り

気温:18.0度

速度:16.1ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

ご乗船中の橋田壽賀子さんの厚意で実現したトークショーから始まったきょうは、本航最後のフォーマルの日。日中はゆったりとした雰囲気でしたが、夕方の船内はタキシードやドレス姿のお客様で溢れていました。
キャプテンズ・フェアウェルパーティーでは、横浜出港時には居合わせなかった若いクルーも紹介されました。なかでも、これを最後に船を降りるベテランのクルーズダイレクター・ボブ田中に代わって今後エンターテイメントチームを率いる小川・増田の両名がコールされた時の、ボブさんの表情が印象的でした。
筆者には、これまでも右腕として活躍してきた後進に厚い信頼を寄せていて、「あとは託したぞ」と言っているように見えました。小久江キャプテンの就任もそうですが、この南太平洋グランドクルーズは飛鳥IIにとって新たな歴史を切り拓く特別な航海なのかもしれません。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP