フォトエッセイ

Cruise:2016年日本一周グランドクルーズ(35)

オホーツク海で1日観光

緯度:N 50度 46分

経度:E 155度 56分

天気:晴れ

気温:2.0度

速度:14.3ノット


海域:オホーツク海

寄港地:終日航海日

クジラの潮吹きを撮影
昨夜9時カムチャッカ半島は、いつまでも明るく、夕闇を知らない南東海岸に沿って、船が進んで行く。
朝、ロパトカ岬から左側のシュムシュ島沖合を進み、クリル海峡を通過すると、そこはオホーツク海に入ります。左右残雪の台地を眺めながら、今日はオホーツク海で1日観光としようかと考え、しばらくすると、長く続く雪を頂いた山々が出現。今までにない感動と景色。デッキに出ると強い風が体温をさらっていく。
ブリッジから、その都度くじら・イルカ・トド出現の案内放送があり、かろうじてクジラの潮吹きを撮影後、船はトドの群れに向けて接近した。甲板に大勢の方がカメラ・望遠鏡を手に取り楽しんでいました。

船はトドの群れに向けて接近した。

長く続く雪を頂いた山々が出現。今までにない感動と景色。

著者紹介

藤尾 次郎

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP