フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

シンガポール

緯度:N 1度 16分

経度:E 103度 45分

天気:晴れ

気温:30.5度

速度:0ノット


海域:太平洋

寄港地:シンガポール

シンガポールに近づくに従って、だんだん他船とすれ違うことが多くなりました。そのほとんどがタンカーや貨物船です。東西貿易の要衝シンガポールならではの光景ですね。
正午、飛鳥Ⅱがハーバーフロントのシンガポールクルーズセンターに到着すると、私はすぐさま地下鉄に乗りこみチャイナタウンへ向かいました。何しろ陸に上がるのは一週間振りですから、思う存分歩き回ろうと思ったわけです。ところが、時間というのはあっという間に過ぎてしまうもので、結局、チャイナタウンとマーライオンを見ただけで終わってしまいました。
夜はマレーの伝統舞踊や中国の変面など、多様な文化を持つシンガポールならではのローカルショーが行われ、皆さんも満足のご様子でした。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP