フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

マラッカ

緯度:N 2度 10分

経度:E 102度 14分

天気:曇り

気温:31.0度

速度:0ノット


海域:太平洋

寄港地:マラッカ

昨夜9時にシンガポールを出港した飛鳥IIは、朝7時にマラッカ沖に到着、投錨を行いました。
マラッカ旧市街には、古い街並みや歴史的建造物がそのままの姿で残っていて、ペナン島のジョージタウンとともに世界文化遺産に登録されています。その街並みの中を、トライショーと呼ばれる派手な装飾の人力車が走る姿は、マラッカならではの光景と言えるでしょう。ツアーに参加された方々も、タイムスリップしたようなマラッカの街並みをトライショーの上から楽しんでいらっしゃいました。
夜は大萩康司さんのクラシックギターコンサートがギャラクシーラウンジで行われ、暑さで疲れた皆さんの心を、美しい音色で癒してくれました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP