フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

E&Oホテルとペナンヒル

緯度:N 5度 25分

経度:E 100度 21分

天気:晴れ

気温:30.0度

速度:0ノット


海域:インド洋

寄港地:ペナン

ペナン島の素敵な一夜を過ごした翌日、私は皆さんと一緒にツアーへ出かけることにしました。
最初の目的地は、海沿いに建つ白亜のホテル、イースタン&オリエンタル(E&O)です。このホテルはサマセット・モームやジョゼフ・コンラッド、ラドヤード・キップリング、ヘルマン・ヘッセといった文豪を始め、多くの著名人が宿泊するなど、シンガポールのラッフルズ、バンコクのオリエンタルなどと並び、東南アジアでは格式の高いホテルとして知られています。ここでは、ペナン島の歴史を感じながら、海の見渡せる明るい部屋で優雅なブランチを楽しみました。
ブランチの後は、ペナンヒルへ向かいます。ペナンヒルでは、急な斜面を頂上までケーブルカーに乗って行き、そこで様々な国の人たちと触れ合う機会がありました。山の上に到着すると、残念ながら飛鳥IIは肉眼でやっと見える程度でしたが、それでもマレー半島が一望できる景色に、皆さんも満足されたのではないでしょうか。
夜は曹雪晶さんによる二胡の演奏会がギャラクシーラウンジで行われました。ヴァイオリンやチェロといった西洋楽器も良いですが、二胡特有の旋律と音色からは、アジア人の心の安らぎや温かさといったものが感じられると思います。本当に素晴らしいひとときを過ごすことが出来ました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP