フォトエッセイ

Cruise:2011年オセアニアグランドクルーズ(75)

「避難訓練」

緯度:N 29度 30分

経度:E 138度 7分

天気:くもり

気温:15度

速度:14.8ノット


海域:北太平洋

寄港地:航海中

万一の非常事態に備えて、避難訓練を行いました。乗客、スタッフ全員参加です。短音7回、長音1回の非常ベルが鳴ると、客室に備えられた救命胴衣を着用してボートステーションに集合します。自分がどのボートに乗るのかは、救命胴衣に番号がプリントされているので迷うことなくスムーズに、各自ボートに集合することができました。
各ボートには艇長と助手がついていますので、とても心強いです。艇長によると、救命胴衣は体格のいい男性でもちゃんと浮くことができるそうで、とても安心です。救命ボートの大きさは3種類ありますが、どのボートも乗客人数に余裕をもって乗ることができます。中には水と非常食も積んであります。
救命胴衣や救命ボートを使うことにはなりたくありませんが、しっかりと安全が守られていることを実感できる避難訓練でした。

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP