フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

イスタンブール2日目

緯度:N 41度 2分

経度:E 28度 59分

天気:晴れ

気温:20.0度

速度:0ノット


海域:地中海

寄港地:イスタンブール

昨日は入港時に雨がパラついたりと、すっきりしない天気でしたが、今日は朝から晴天に恵まれました。これまでずっと天候に恵まれて来たのは、きっと晴れ男晴れ女が多いからなのでしょう。かく言う私も、実は晴れ男なのです。
という事で、晴れ男は今日も皆さんと旧市街へ観光に出かけました。最初はヒポドロームでオベリスクを見学、その後、スルタンアフメット・ジャーミー、通称ブルーモスクに入場します。ブルーモスクの内部はかなり広く、いくつものドームが組み合わさった天井は本当に息を飲む美しさでした。そこから徒歩で移動して地下宮殿に入ります。宮殿と言っても実は地下に作られた貯水池で、内部は大理石の柱がたくさん並び、柱の一部が逆さ向きの巨大なメドゥーサの顔になっていたり、実に神秘的な場所でした。
午前の観光を終えると、再びシャトルバスで旧市街へ戻り、今度はグランドバザールへ向かいます。ここは巨大な建物の内部に小さな商店がずらりと並ぶ、いわゆる中東式の市場ですが、敷地面積は中東でも最大級と言われ、とても1~2時間で回りきれるものではありませんでした。
夜になると、民族衣装の男女による踊りと楽器の演奏が行われ、その後、飛鳥Ⅱはイスタンブールの夜景と満月が輝く中、ミコノス島へ向け出航しました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP