フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

ミコノス島

緯度:N 37度 27分

経度:E 25度 19分

天気:晴れ

気温:28.0度

速度:0ノット


海域:地中海

寄港地:ミコノス

朝7時、飛鳥Ⅱはミコノス島の沖合に投錨しました。デッキに出てみると、温暖なエーゲ海らしく、心地良い風が吹いています。
ミコノス島は39の島々からなるキクラデス諸島のひとつで、エーゲ海ではサントリーニ島とともに人気の高い島です。ここには遺跡こそありませんが、美しい海と青い空、そして白い家がぎっしりと並び、ミコノス島ならではの独特のコントラストを作りだしていました。複雑な形状のパラポルティアニ教会、波打ち際に建物が並ぶリトルベニス、丘の上に建つ6つの風車など、どれをとっても絵になる光景ばかりで、町を歩けば迷路のように入り組んだ路地が続き、まるでおとぎの国に迷い込んでしまったような感覚です。
ここでは、皆さんと一緒に丘の上まで歩いたり、カフェでのんびり過ごしたり、海岸を歩いたりと、大いに島を満喫することが出来ました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP