フォトエッセイ

Cruise:2018年オセアニアグランドクルーズ(40)

サイパン ボン・ヴォヤージ〜節分〜

緯度:N 15度 14分

経度:E 145度 44分

天気:晴れ

気温:30.5度

速度:13.7ノット


海域:-

寄港地:サイパン

フォトエッセイ20180202-1

今回のクルーズで初の海外寄港地であるサイパン。入港時こそ曇りがちだったものの日中は天候にも恵まれ、汗ばむ陽気のなか、お客様はオプショナルツアーで史跡を巡ったり、あるいは免税店でお買い物を楽しまれたりと次の寄港地・ケアンズに向かうまでの5日間の連続航海に備えて思い思いのお時間を過ごしました。

17時の出港を目前にしてプールサイドで催されたのが「サイパン ボン・ヴォヤージ〜節分〜」。鬼に扮したクルーが贈る、1日早い豆まきイベントです。力強く太鼓を轟かせて登場した鬼に向けて、鬼は外! と一斉に豆を投げつけます。まだ接岸している最中に鬼を外に追い払うのは、せめてものやさしさでしょうか。

賑やかで笑いにあふれた豆まきイベントが終わりを迎える頃、スカイデッキに上がってみるとそこに見えたのは出港の様子を見守るお客様の姿。埠頭から見送る現地の人々に向けて別れを惜しむようにいつまでも手を振られていました。いつしか昼の暑さも和らぎ、心地よい潮風が私たちの船出をささやかに祝ってくれているようでした。

フォトエッセイ20180202-2

フォトエッセイ20180202-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP