フォトエッセイ

Cruise:2018年オセアニアグランドクルーズ(40)

バレンタインデー&フォーマルナイト

緯度:S 36度 51分

経度:E 155度 41分

天気:晴れ

気温:21.8度

速度:17.9ノット


海域:タスマン海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180214-1

本日2月14日は巷ではバレンタインデー。シドニーのショッピング街が大変賑わっていたのも、ひょっとするとバレンタインデー商戦の真っ只中だったからかもしれません。飛鳥II船内もバレンタインデーを意識してなのかどことなく祝祭ムード。日中に催されたバルーンアート教室では、お部屋の飾り付けにぴったりなバルーンフラワーを制作していました。

夕方、エレベーターホール周辺で正装をなさったお客様の姿を見かけるように。いよいよフォーマルナイトの時間です。ダイニングルーム前のアスカプラザでは多くのお客様が食前酒を片手に歓談されていて、一段とエレガントな雰囲気に包まれていました。フォトショップのスタッフもお客様の素敵な思い出を写し止めようと今夜は特に奮闘しています。

クルーから飛鳥IIのロゴマークが刻印されたチョコレートを受け取り、ダイニングへ。今夜のおすすめメインコースは「オーストラリア産サーモンのソテー メンドテールバターとレモン添え」。新鮮な生サーモンは西口雅浩総料理長自らがシドニーの市場で仕入れたもので、当地ならではの旬のシーフードを船上で味わうという、フォーマルナイトらしい贅沢なディナーでした。

フォトエッセイ20180214-2

フォトエッセイ20180214-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP