フォトエッセイ

Cruise:2018年オセアニアグランドクルーズ(40)

中一日の終日航海

緯度:S 37度 40分

経度:E 178度 51分

天気:晴れ

気温:22.0度

速度:18.4ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180219-1

シドニーに続き2カ所目のオーバーナイトステイ地であるオークランドを明日に迎え、遅ればせながらこの旅も折り返しといった気分になってきました。昼食には山下春幸ゲストシェフによる「新和食」が再登場。卓上で火を通して味わう「オーストラリア産 和牛しゃぶ 赤味噌ビーフシチュー」をいただき、来たるオークランドに向けて英気を養います。

午前中には昨夜大好評だったベイビー・ブーさんによるうたごえ喫茶「うたいましょう」を訪問。会場は同じくギャラクシーラウンジですが、今日の主役はお客様。ピアノの伴奏に合わせて『この広い野原いっぱい』やオリジナル曲『花が咲く日は』などを合唱しました。「昭和の曲って本当にいいわねえ」と、終了後にひとりのお客様が筆者にしみじみと話しかけてくださいました。

ほかにも格安で飛鳥II自慢のお酒を手に入れるべく盛り上がった「ASUKAオークション」や、ルーレットやブラックジャック、スロットでカジノの腕を競い合う「カジノKING決定戦」など、変わり種なイベントも多く開催されていました。夜にはお客様ご自身のエントリーによる歌や詩吟の発表会も。今日の船内は一日中お客様の笑顔で包まれていました。

フォトエッセイ20180219-2

フォトエッセイ20180219-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP