フォトエッセイ

Cruise:2018年オセアニアグランドクルーズ(40)

オークランド2日目

緯度:S 36度 50分

経度:E 174度 46分

天気:晴れ

気温:22.5度

速度:-ノット


海域:-

寄港地:オークランド

フォトエッセイ20180221-1

朝早く起床して寝ぼけ眼でカーテンを開けると目に飛び込んできたのは岸壁に建つホテルの客室。借景のごとく入れ替わり立ち変わり現れる窓越しの風景もまたクルーズ旅の楽しみのひとつですが、たまにはこんな風変わりな景色も面白いものです。と同時にホテル客にとっても昨日から突如現れた“お向かいさん”に戸惑いはないものか、無用な心配をしてしまいます。

さて今日は午前中にツアーに参加して眺望を楽しめるサベージ記念公園、南半球最大級のオークランド博物館、温室や庭園を備えたウィンターガーデンといった観光スポットへ足を延ばしました。朝からぐずついていた天気も午後には回復し、もう一度街の散策へ。地元客に混じってカフェで一息ついて、少しだけ“キーウィ(ニュージーランド人の愛称)”気分に浸りました。

出港時間と前後して、ギャラクシーラウンジでは飛鳥II専属マジシャンTAKUYAさんによるイリュージョンショー「LOST IN TIME」を開催。まるでラスベガスを思わせるような華やかさに満ちたそのショーは、次なる寄港地・ニューカレドニアのヌーメアに向けた船出を祝うにぴったりで、旅の充足感を抱きながら私たちはオークランドの街をあとにしました。

フォトエッセイ20180221-2

フォトエッセイ20180221-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP