フォトエッセイ

Cruise:2018年オセアニアグランドクルーズ(40)

トロピカルカジノ開催

緯度:N 9度 57分

経度:E 145度 46分

天気:晴れ

気温:28.5度

速度:13.0ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180302-1

船内で催されてきた各種教室・アクティビティがクルーズ終盤に向け集大成を迎えるなか、筆者が担当する写真教室も全4回の講義を今日無事終了いたしました。最終回はお客様の写真作品を講評しましたが、いずれも力作ぞろいで気持ちの込もったものばかり。改めて感謝いたしますとともにぜひその情熱を忘れぬまま、引き続き写真を楽しんでいただければと願っています。

一方クラブ2100では盆踊りとフォークダンス教室が他教室の先陣を切って発表会を開催。掛け持ちしている方も多かったようで、汗をひと拭いしながらさっと給水し、疲れた様子も見せずに次の演舞に勇んで向かう姿は本当にご立派でした。発表会終了後の記念撮影に臨むお客様のお顔からは、充実感に満ちていらっしゃる様子がうかがえました。

そして空が美しい夕焼けを演出する時分、レセプション前のアスカプラザはカジノコーナーに大変身。ルーレットやブラックジャックといった定番に加え、関取の勝敗を予想する「大相撲飛鳥場所」といった趣向を凝らしたゲームが勢揃い。カジノコーナーのスタッフのほか堤船長をはじめとしたオフィサー陣もディーラーに扮し、一夜限りのカジノパーティーは大盛況でした。

フォトエッセイ20180302-2

フォトエッセイ20180302-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP