フォトエッセイ

Cruise:2018年オセアニアグランドクルーズ(40)

教室発表会

緯度:N 18度 57分

経度:E 143度 36分

天気:晴れ

気温:26.5度

速度:17.8ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180304-1

普段は一流のエンターテイナーによる歌や踊りを鑑賞する場であるギャラクシーラウンジですが、今日の主役はお客様。今回のクルーズの集大成、ウクレレ、フラ、オカリナ教室、そして昭和を歌う同好会による合同発表会の開催です。晴れの舞台に臨むお客様の一挙一動から、この発表会に向けて一生懸命に練習を積み重ねてきた様子が伝わってくるようでした。

その他日中に催されたイベントも、いつもとはひと味違う内容のものが勢揃い。カジノスタッフが寄港地で買い集めた記念品が当たるルーレットビンゴにはフィットネスインストラクターの西村さん、今村チーフパーサー、そして堤船長がゲストディーラーとして参加。またギネス世界記録挑戦イベントでは船体の揺れと格闘しながらトイレットペーパー積みに挑んでいました。

アスカプラザでは、コーラス教室が第九『歓喜の歌』の合唱を披露。ちょうどお客様で賑わうディナータイムとあり、吹き抜けの階段や6デッキも詰めかけた観客ですぐに埋まる盛況ぶり。全8回にも及んだ教室の成果を存分に発揮し、河野先生の指揮、門先生のピアノ伴奏に合わせて声をひとつに見事に歌い上げ、各教室による連日の発表会のトリを飾りました。

フォトエッセイ20180304-2

フォトエッセイ20180304-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP