フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(23)

クルーズスタッフによる教室

緯度:N 9度 27分

経度:E 110度 20分

天気:晴れ

気温:28.5度

速度:17.2ノット


海域:南シナ海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180331-1

船内では講師を招いての各種教室がいくつもありますが、飛鳥IIエンターテイメントチームの「クルーズスタッフ」が担当する教室も日々催されています。船内生活の楽しみを一手に引き受ける彼ら笑顔の男女には毎日必ず船内のどこかで会いますし、お客様にとって、ある意味で最も距離が近いスタッフたちかもしれません。

午前中に6デッキ後方・コンパスルームで行われた「アルバムカバー作り教室」もそんなクルーズスタッフが教える教室のひとつ。全8回中3回目のきょうは、前回に引き続いてアルバムカバーの生地に刺繍をしていく作業です。表紙部分には船の世界の共通語・国際信号旗をあしらいます。聞けば、6つ並べたこの旗で「ASUKA II」の意味を表すのだそうです。

ちょうどそれと同じ頃、船尾のスポーツデッキでは「ディスコン de シャッフルの時間」が開催中。もはや日差しも気温も完全に夏!というデッキにお客様の歓声がこだましていました。客室テレビの航路図で確認すると、船は午後にはベトナムの商都ホーチミンと南沙諸島の間あたりにさしかかったようです。引き続き、一路シンガポールを目指しています。

フォトエッセイ20180331-2

フォトエッセイ20180331-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP