フォトエッセイ

Cruise:2011年オセアニアグランドクルーズ(75)

「飛鳥クルーズ 歴代船長カクテル」

緯度:N 8度 11分

経度:E 150度 50分

天気:晴れ

気温:29.5度

速度:18.3ノット


海域:北太平洋

寄港地:航海中

飛鳥クルーズ就航20周年を記念して、歴代の船長10人をイメージした10つのカクテルがあるのをご存じですか?
今宵は増山船長をイメージしてつくられた「Captain MASUYAMA」をいただくことに。
オーダーすると、まずはシェーカーを振るリズミカルな音が。音がやんでカクテルが注がれると、グラスはきれいなオレンジ色で満たされています。一口飲むと、南国の果実を感じる甘さが広がります。そして後味はとてもスッキリしています。この後味は、どこかで飲んだことのある感じ…。
初代の飛鳥からずっとバーテンダーとして乗船しているレルビンさんに何をベースにしているかを聞いてみると「日本の焼酎をベースにしています」とのこと。馴染みのある感じは、焼酎だったのですね。また、レルビンさんは「暑い日に飲むのにぴったりなカクテルです。ちょっと甘いから女性向きです」と教えてくれました。
グアムに向けて暑い日が続いているので、「Captain MASUYAMA」の人気が上がりそうです。

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP