フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

折り返し地点

緯度:N 49度 11分

経度:W 4度 33分

天気:曇り

気温:12.5度

速度:12.2ノット


海域:大西洋

寄港地:終日航海日

飛鳥Ⅱが横浜を出港してから今日で52日目、世界一周クルーズもいよいよ折り返し地点まで来ました。
そんな中、玉村豊男先生による講演「フランスのワイン、日本のワイン、世界のワイン事情」がハリウッドシアターで開かれました。今回は、フランスがどのようにしてワイン大国になったのか、日本におけるワインの歴史と現状、新興国の台頭など、今回も大変盛りだくさんの内容で、最後まで楽しく拝聴することが出来ました。
夜になると、ギャラクシーラウンジでパトリック・ヌジェさんのシャンソンコンサートが開かれました。
今夜は、名曲「パリの空の下」で始まり、次にフランクシナトラの代表曲「マイウェイ」をフランス語オリジナルバージョンで歌ってくれます。聞いてみて驚いたのは、英語の歌詞とは真逆のネガティブな内容だったということ。とは言え、日々のやるせない思いがひしひしと伝わってくる、個人的にはなかなか良い歌詞だと思いました。後半からは歌手のあみさんが加わり、日本でもヒットした「ミスターサマータイム」をオリジナルのフランス語バージョンで、そして最後は「オー・シャンゼリゼ」を皆で合唱して幕を閉じました。
コンサートの後デッキに出てみると、雲の隙間から海面に光が差し込んでいるのが見えました。2015年飛鳥Ⅱ世界一周クルーズもいよいよ明日から後半に突入です。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP