フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(102)

砂漠の中を船がゆく

緯度:N 30度 47分

経度:E 32度 19分

天気:晴れ

気温:25.0度

速度:8.1ノット


海域:スエズ運河

寄港地:スエズ運河通航

フォトエッセイ20180419-1

今朝まだ陽がのぼるよりも早い午前4時に飛鳥IIは錨を巻き上げ、いよいよスエズ運河へと進み始めました。薄闇の中、左舷にモスクの尖塔を望みつつ運河の入口に取り付きます。5時18分、右舷真横から真っ赤な日の出。風景の色合いは刻々と変わり、徐々に一帯が荒涼とした砂漠であると、はっきりと分かるようになってきました。

途中にはリトルビター湖・グレートビター湖とふたつの湖が続きます。運河の眺めをほぼ理解した頃には、7デッキ前方から何やら賑やかな声が響いてきました。行ってみると、運河のボートマンがお土産屋さんに早がわりしてエジプトグッズを売っています。運河通航のみで上陸しないエジプトですから、確かにお土産を買うなら今がチャンスです。

飛鳥IIはきょうの北航船団の先頭となる第1船。あとにはコンテナを満載した貨物船などが続いています。途中、複線の区間では対向の南航船団の船がまるで砂漠の中を進むかのように見える場面もありました。運河中で唯一船がくぐる橋・ムバラク平和橋をくぐり抜け、午後2時半ごろ、ついに飛鳥IIは地中海へと抜けました。

フォトエッセイ20180419-2

フォトエッセイ20180419-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP