フォトエッセイ

Cruise:2016年日本一周グランドクルーズ(35)

加賀百万石の城下町「金沢」

緯度:N 36度 37分

経度:E 136度 37分

天気:曇り

気温:21.0度

速度:0ノット


海域:日本海

寄港地:金沢

日本三名園の一つである兼六園
約400年前、前田利家が金沢城に入城し、城下町金沢の基礎を築いたとされている。
その後前田家の庭園として、兼六園が造られた。今日は、金沢城から兼六園へ行くことにした。
遠くから眺める「居城の史跡」が上品で気品を感じさせ、伝統工芸、伝統芸能が生まれる背景を伺うことができる。
日本三名園の一つである兼六園では、大勢の外国人観光客多く、楽しそうにレンズを覗いている。幾つかの池とその周りの木々・灯ろう・茶室、それぞれの個性ある景色が作り上げた、日本文化の芸術を、国が違っても感じ得たのだろう。
2日間過ごした石川県金沢は、オプショナルツアーも数多くあったり、広く深く「歴史・文化・食」などを堪能するのは時間が足りないほど見どころが多い。
金沢港、戸水岸壁を20時出港。艶やかな衣装の「YOSAKOI ソーラン」演舞と旗で見送ってくれた。

艶やかな衣装の「YOSAKOI ソーラン」演舞と旗で見送ってくれた。

金沢城

著者紹介

藤尾 次郎

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP