フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(85)

カリブ海クルーズの人気寄港地

緯度:N 25度 5分

経度:W 77度 20分

天気:晴れ

気温:29.8度

速度:18.4ノット


海域:-

寄港地:ナッソー

フォトエッセイ20180603-1

飛鳥IIはカリブ海クルーズでもとりわけ人気の寄港地、バハマのナッソーに到着しました。桟橋のいちばん町に近いところに飛鳥II、その隣には3隻の客船。合計4隻がずらりと並ぶさまはさすが人気の寄港地です。低い建物の土産店が連なるちいさな町を抜けた先、客船を遠望するビーチでは地元の人たちが海水浴を楽しんでいました(写真上)。

ところで、筆者は午前中は近隣の見どころをぎゅっと詰め込んだ「ナッソー半日観光」に参加しました。船の船首のかたちをしたフィンキャッスル砦(同右下)から桟橋に連なる客船を見下ろしたり、アーダストラ・ガーデンで、ピンク……と言われますが実際は朱色かオレンジでしょうか、鮮やかな色のフラミンゴたちのショーを見学したり(同左下)。

曇りがちの予報でしたが晴れるところはしっかり晴れて、どなたも1日を楽しまれたことと思います。名物のコンク貝のサラダやフリッターを食べた方、ラム酒やラムケーキ、コンクパールの宝飾品をお土産に買った方。町なかでお客様とすれ違うたびに、「どこどこは行った?」「あのお店がよかったよ」などとお声を掛けて頂きました。

フォトエッセイ20180603-2

フォトエッセイ20180603-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP