フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(102)

幅広いクルーズの楽しみ

緯度:N 23度 20分

経度:W 114度 1分

天気:晴れ

気温:22.0度

速度:17.8ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180615-1

きょうも終日航海日の飛鳥II。だいぶ北上してきて、今朝、カリフォルニア半島の沖へとさしかかったところです。この世界クルーズもいよいよ終盤ですが、いまだに時折「こんな教室もあったのか」と思うほど、船内での教室やイベントは数多く、ジャンルもさまざまです。今朝いちばんにお邪魔してみた護身術教室(写真左下)もそのひとつ。

合気道の黒帯をもつアシスタントクルーズディレクターの増田さんが先生で、これまでに習った片手・両手の離脱法などをひとつひとつ復習してゆきました。午前中には他にも脳科学者・茂木健一郎さんの2回目の講演「脳と笑い」があったり、午後には古今亭志ん彌師匠の「お昼の落語」でお腹をかかえて笑ったり(同右下)。

周囲は360度海の上。きょうはこのクルーズ7度目の船が太陽直下にくる日でしたが、意外と雲が多くてデッキに出たお客様は多くなかったようです。日差しは来ないかなと見上げると、飛鳥IIの象徴「二引き」のファンネルの上にはきれいなうろこ雲。夕日も鮮やかで船内放送がかかったほどでしたし、楽しみの多い航海日を過ごしています。

フォトエッセイ20180615-2

フォトエッセイ20180615-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP