フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

バンクーバー

緯度:N 49度 17分

経度:E 123度 7分

天気:晴れ

気温:22.0度

速度:0ノット


海域:太平洋

寄港地:バンクーバー

飛鳥Ⅱは予定通り、午前7時にバンクーバー港のカナダプレイスに着岸しました。
汗ばむ陽気の中、午前中にダウンタウンを散策した後は、皆さんと一緒にノースバンクーバーへ出かけます。
ライオンズゲートブリッジを渡って最初に到着したのは、キャピラノサスペンションブリッジパークでした。ところが、入場してその先へ進むには、まず長さ137メートル、高さ70メートルの吊り橋を渡り切らなくてはなりません。絶景のキャピラノ渓谷を見下ろしながら揺れる吊り橋の上を歩くのは大変ですが、そこを乗り切れば素晴らしい自然公園が待っているというわけです。公園内ではアメリカ松の原生林に架かる7つの吊り橋を渡ったり、池に生息する野生のニジマスを観察したり、素晴らしい自然の中で自由な散策を楽しみました。
グラウス山(標高1,250メートル)では、スカイライドというゴンドラに乗り、標高1,128メートルの高さまで一気に上がります。展望台からはバンクーバーの町を一望出来るばかりか、眼下に我らが飛鳥Ⅱの優雅な姿も見ることが出来ました。最後はロンズデールキーターミナルからシーバス(連絡船)で、対岸のカナダプレイスに戻り、午後7時過ぎ、飛鳥Ⅱはアラスカ州のジュノーへ向け出港しました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP