フォトエッセイ

Cruise:2018年世界一周クルーズ(102)

新作イリュージョン、初演

緯度:N 32度 53分

経度:E 159度 2分

天気:晴れ/スコール

気温:26.0度

速度:17.2ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20180701-1

太平洋の名の通り比較的穏やかな天候のなかで西へ西へと進み、飛鳥IIは着実に故郷・日本に近づいています。日本との時差調整のため、ホノルル以降は1時間後退の時刻改正が多くあります。しばしば1日が25時間になるので自然と朝も早起きになり、6デッキ後方スポーツデッキなどのすがすがしい屋外デッキに出たくなります。

スポーツデッキの定番といえば、出航当初から終日航海日は毎日欠かさず午前・午後と催されてきたゴルフレッスン(写真左下)。井上浩助ティーチングプロがフォームなどを丁寧に教えてくれるだけに馴染みのお客様も多くいます。また、お隣では皆で楽しむ各種ゲームをクルーズスタッフが中心となって開催中(同右下)。

そして今夜の注目の的はなんと言っても、飛鳥IIイリュージョンマジックショー『ANOTHER WORLD』の初演です。本場ラスベガスで制作してきたばかりの新作を、本船専属マジシャンのTAKUYAとプロダクションキャストが見事、ダイナミックに演じてくれました(同上)。あっと驚くイリュージョンの数々に、惜しみない拍手が送られていました。

フォトエッセイ20180701-2

フォトエッセイ20180701-3

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP