フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「演芸会」

緯度:S 17度 38分

経度:E 68度 48分

天気:くもり

気温:29.5度

速度:16.1ノット


海域:インド洋

寄港地:航海中

ギャラクシーラウンジが金屏風の寄席に変身です。マギー隆司のマジックと古今亭菊太楼の落語です。マジックを披露したマギー隆司の巧妙なお喋りが、会場を一気に寄席への雰囲気に盛り上げました。
そのあと菊太楼師匠の落語です。「火炎太鼓」を演じました。この大ネタをどう聞かせるのか興味津々でした。菊太楼師匠は真打襲名が平成20年で落語界では若手でしょうが、語り進めるうちにそのようなことにはまったく関係なく、道具屋夫婦の世界に引き込まれていきました。インド洋の真ん中での「火炎太鼓」は大きな拍手に包まれました。
この日「はだかの王様」の松崎菊也さんは「みんなで読もうニュースの裏側」と題するトークショーを行い、鋭い着眼で皆さんの共感を得ていました。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP